Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

聖なる方

聖なる方

 羊の群れを世話していた時、柴が燃えているのに燃え尽きない不思議な光景を見てそちらの方に進んで行ったモーセさんは、更に不思議な体験をすることとなりました。

 主は、モーセが道をそれて見に来るのを御覧になった。神は柴の間から声をかけられ、「モーセよ、モーセよ」と言われた。彼が、「はい」と答えると、神が言われた。「ここに近づいてはならない。足から履物を脱ぎなさい。あなたの立っている場所は聖なる土地だから。」(旧約聖書・出エジプト記 3章4~5節 新共同訳)

s_ミニニュース画像2月19日

 燃えているのに燃え尽きない不思議な場所から、モーセさんを呼ぶ声がしました。その声の主は、神様でした。

 神様は、モーセさんに足から履物を脱ぐようにと言われました。

 当時はサンダルを履いて歩いていましたが、外を歩くと砂ぼこりなどで汚れてしまいます。同じように、私たちは心の面でも色々な不純物で満ちています。

 そのような汚れたままで神様のおられる聖なる場所に踏み入ることはできません。

 神様は、まず履物を脱ぐようにと言われました。そして、今度は御自分が誰であるかを明かされました。

 神は続けて言われた。「わたしはあなたの父の神である。アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。」モーセは、神を見ることを恐れて顔を覆った。(同6節)

 神様は、モーセさんの先祖たちの名前を挙げ、ご自分がどのような神であるかを告げられました。それは、モーセさんが幼かりし頃に母親から教えられ、自分が今身を寄せている家族と共に礼拝している神様からの声でした。

 天地を造られ、罪に陥った人類を救うために歴史を通して先祖たちに語り掛け、関わってこられた神様が、今、モーセさんの目の前に現れたのでした。

 罪人は、その履物を脱がなくてはならないほど聖なるお方のことを見ることができません。モーセさんはその神様を畏れ敬いつつ、顔を覆いました。

 神様は聖なるお方であり、そのおられる所は聖なる所です。そして、罪人にはその栄光がまぶしすぎて見ることはできません。

 それだけ偉大なお方であるにもかかわらず、私たちの神様は人間のそば近くまで来て語りかけてくださいました。それが、神が人となられたイエス・キリストというお方です。

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会 牧師:堀 圭佑

powered by HAIK 7.6.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional