Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

いつもの道をそれて

いつもの道をそれて

 モーセは、しゅうとでありミディアンの祭司であるエトロの羊の群れを飼っていたが、あるとき、その群れを荒れ野の奥へ追って行き、神の山ホレブに来た。(旧約聖書・出エジプト記 3章1節 新共同訳)

 家庭を持ち、羊飼の世話をしながら平和な生活を送っていたモーセさんは、いつものように羊の世話をしながら移動していました。しかし、この日はいつもと違うことに気が付きました。

 そのとき、柴の間に燃え上がっている炎の中に主の御使いが現れた。彼が見ると、見よ、柴は火に燃えているのに、柴は燃え尽きない。(同2節)

 モーセさんは、茂みに火がついて燃えているのを見つけました。

 しかし、何故燃えているのかもわからず、何故燃えているのに茂みや木々や枝が燃え尽きないのかもわからないという不思議な光景が広がっていました。

 そんな中、燃えていて危険だから消火するわけでもなく、気味が悪いから逃げるわけでもなく、モーセさんはこんな行動に出ました。

 モーセは言った。「道をそれて、この不思議な光景を見届けよう。どうしてあの柴は燃え尽きないのだろう。」(同3節)

s_ミニニュース画像2月12日

 何故こうなっているのかはわからないけれども、道をそれてそこに行って見届けよう。

 これがモーセさんがとった行動でした。

 何十年もやってきたいつもと変わらない羊の世話をしていたモーセさんに、突然現れた変化でした。

 彼は、いつもと違う変化に対し、いつもの道をそれてその不思議へと向かいました。

 このようにして、モーセさんは炎の中におられた主の御使いに導かれて神様からの大切な使命を聞くための一歩を踏み出したのでした。

 私たちもいつもと変わらぬ日常を送る中に、神様からのしるしが与えられることがあります。

 モーセさんのように神様の招きに従い、いつもの道をそれてそこに行ってみる時、そこには大切なしるしがあるかもしれません。

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会 牧師:堀 圭佑

powered by HAIK 7.6.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional