Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

FrontPage

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会へようこそ

・・・安息日の集会について・・・

 現在、緊急事態宣言の下、八王子教会では、通常よりも簡略化した形で covid19 感染の予防措置をとりつつ安息日の礼拝を行なっています。

 可能な方はご自宅でインターネットライブ配信を通しての礼拝を推奨させて頂きます。

安息日礼拝 毎週土曜日 午前10:30〜11時 過ぎまで

 教会堂での集会に参加される方は、感染予防にご協力くださいますよう宜しくお願いいたします。

 9月18日 安息日の礼拝をYouTube LIVEで配信いたします。ご覧いただくにはこちらをクリックしてください。

 礼拝の配信は当日の午前10時30分より開始いたします。
  (配信動画は配信後しばらくはいつでもご覧になることが出来ます。)


牧師:堀 圭佑のショートメッセージ:2021年9月18日号

必ず連れ戻す

 神様に行きなさいと言われて移住したエジプトの地において、ヤコブさんは多くの祝福を受けました。

 イスラエルは、エジプトの国、ゴシェンの地域に住み、そこに土地を得て、子を産み、大いに数を増した。ヤコブは、エジプトの国で十七年生きた。ヤコブの生涯は百四十七年であった。(旧約聖書・創世記 47章27~28節 新共同訳)

 失ったと思っていた愛する息子との再会、そして、更には飢饉という状況においても神様の守りの中でどんどん繁栄していきました。

 しかし、ヤコブさんも年老いてこの世での歩みも終わりが見えてきました。

 イスラエルは死ぬ日が近づいたとき、息子ヨセフを呼び寄せて言った。「もし、お前がわたしの願いを聞いてくれるなら、お前の手をわたしの腿の間に入れ、わたしのために慈しみとまことをもって実行すると、誓ってほしい。どうか、わたしをこのエジプトには葬らないでくれ。わたしが先祖たちと共に眠りについたなら、わたしをエジプトから運び出して、先祖たちの墓に葬ってほしい。」 ヨセフが、「必ず、おっしゃるとおりにいたします」と答えると、「では、誓ってくれ」と言ったので、ヨセフは誓った。イスラエルは、寝台の枕もとで感謝を表した。(同 47章29~31節)

 ヤコブさんの遺言は、自分が死んだらエジプトの地ではなく、先祖と同じ場所に葬ってほしいというものでした。このお願いに対し、ヨセフさんは快く誓いをたてました。
 
 ヤコブさんが神様からエジプトの地に行くようにと言われた時、神様はこんな約束をしておられました。

 神は言われた。「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトへ下ることを恐れてはならない。わたしはあなたをそこで大いなる国民にする。 わたしがあなたと共にエジプトへ下り、わたしがあなたを必ず連れ戻す。ヨセフがあなたのまぶたを閉じてくれるであろう。」(同 46章3~4節)

s_ミニニュース画像9月18日

 神様は、この子孫の繁栄と必ず連れ戻すという約束をしっかりと実現させてくださいました。

 神様は、今罪の世の中で生きてる私たちに対し、天の御国を用意してくださっています。

 キリストの十字架を信じ受け入れる人は、必ずそこに連れ戻して下さると約束してくださっています。


powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional