Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

父の信仰

父の信仰

s_ミニニュース画像8月28日

 ヨセフさんは、ファラオとの会見を通して、「羊飼い」というキーワードを用いることで兄弟家族の信仰生活を守る道を備えました。

 兄弟たちとファラオの挨拶も無事に済むと、今度は自分の父親をファラオに紹介することとなりました。

 ファラオとしても、自分の夢を解き明かし、このエジプトの国をここまで導いてくれたヨセフという人物の父親ですので、是非会いたいと思っていたのではないかと思います。

 ヤコブさんとファラオのやりとりはこうでした。

 ファラオが、「あなたは何歳におなりですか」とヤコブに語りかけると、ヤコブはファラオに答えた。「わたしの旅路の年月は百三十年です。わたしの生涯の年月は短く、苦しみ多く、わたしの先祖たちの生涯や旅路の年月には及びません。」(旧約聖書・創世記 47章8~9節 新共同訳)

 ヤコブさんは130歳という年齢になっていましたが、自分の先祖たちに比べるとまだまだ短いと謙虚な姿勢であるとともに、その年齢になって住み慣れた場所を離れてエジプトの国に移り住むというのは相当な決心だったのではないかと思います。

 しかし、ヤコブさんは、人生を旅路だと言っているように、この世に安住の地を求めるのではなく、神様が備えてくださる御国を目指して歩むという確かな信仰を持っていました。それが、この年齢にして旅立つことができた大きな理由だったのではないかと思います。

 そんな謙虚な受け答えをしたヤコブさんでしたが、ファラオと会った際にこんなことをしていました。

 それから、ヨセフは父ヤコブを連れて来て、ファラオの前に立たせた。ヤコブはファラオに祝福の言葉を述べた。(同7節)

 ファラオに対して述べた祝福の言葉というのは、「王様、あなたは素晴らしいです」といおうものではありませんでした。そうではなく、ファラオよりも偉大な天におられる神様を信じ、従う者として、天来の祝福の言葉を述べたのでした。

 このように、短いやりとりの中でしたが、終始自分の信仰を示し続けた130歳のヤコブさんでした。

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会 牧師:堀 圭佑

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional