Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

戦利品の放棄

戦利品の放棄

 それぞれの家族の数が増えたため、甥のロトさんと別々の場所に住むことにしたアブラハムさんのもとに、甥のロトさんが住む町が敵に攻め込まれたという知らせが舞い込みました。

 そして、ロトさんも家族や財産と共に連れ去られてしまったとのことでした。

s_ミニニュース画像2月29日

 そこで、アブラハムさんは何とかしてロトさんとその家族、そして彼の財産を取り返すために立ち上がりました。

 神様の導きのもと、見事全てを取り返すことができました。別の言い方をすれば、アブラハムさんはロトさんを連れ去った敵に勝利を収めたわけです。

 当時は、勝利者は、そのあかつきとして、負けた国の財産を戦利品としてもらうことができました。

 きっと、かなり莫大な戦利品だったことと思います。

 しかし、アブラハムさんは、彼の勝利を喜んだロトさんが暮らしていた町の王様に対し、このように言いました。


 アブラムはソドムの王に言った。「わたしは、天地の造り主、いと高き神、主に手を上げて誓います。あなたの物は、たとえ糸一筋、靴ひも一本でも、決していただきません。『アブラムを裕福にしたのは、このわたしだ』とあなたに言われたくありません。」

<旧約聖書・創世記14章22~23節 新共同訳>


 アブラハムさんは、莫大な戦利品というものに心惹かれることはありませんでした。何故なら、それが目当てではなかったからです。彼の目的は、ロトさんを助けるということでした。

 お金のためではなく、人のために仕える。アブラハムさんを通して「誠実さ」ということを学ぶことができる出来事でした。

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会 牧師:堀 圭佑

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional