Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

お土産はなくても

お土産はなくても

 ヤコブさんは、兄の怒りから逃れるため家を離れ旅を始めたわけですが、行く当てもなく、荒野をさ迷っていたわけではありませんでした。

 旅立つ前に、母から行き先を示されていました。


「わたしの子よ。今、わたしの言うことをよく聞き、急いでハランに、わたしの兄ラバンの所へ逃げて行きなさい。」

<旧約聖書・創世記27章43節 新共同訳>


 ヤコブさんは、この母の言葉に従い、伯父にあたるラバンさんの家を目指してハランに向けて旅を続けていたのでした。

s_ミニニュース8月29日画像

 ヤコブさん1つの井戸を見つけました。そこにいた人たちに話を聞くと、ハランの人たちであることがわかりました。

 そして、ヤコブさんはついに伯父のラバンさんの家にたどり着くことができたのでした。

 本当なら、親戚の家にお世話になるにあたり、お土産の品をしっかりと揃えて行くのが普通でしたが、事情が事情なだけに、ヤコブさんは身ぐるみ一つで家から逃げて来た身でした。

 複雑な事情の故に何も持たずに自分のもとを訪ねて来た甥っ子を、伯父のラバンさんはこのように迎え入れました。


 ラバンは、妹の息子ヤコブの事を聞くと、走って迎えに行き、ヤコブを抱き締め口づけした。それから、ヤコブを自分の家に案内した。ヤコブがラバンに事の次第をすべて話すと、ラバンは彼に言った。「お前は、本当にわたしの骨肉の者だ。」

<旧約聖書・創世記29章13∼14節 新共同訳>


 身も心も孤独の中、神様の臨在を確信し、目的地を目指して歩き続けたヤコブさんは、親戚の家で新たな生活が始まったのでした。

 しかし、ここでハッピーエンドではありませんでした。この伯父の家において、更なる試練がヤコブさんを待ち受けていました。

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会 牧師:堀 圭佑

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional