Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

生まれる前から

生まれる前から

s_ミニニュース6月27日画像

 神様から選ばれ、その言葉に従って歩んできたアブラハムさん、そして、息子のイサクさんでしたが、三代目にして問題が起こりました。

 イサクさんに生まれた2人の兄弟エサウさんとヤコブさん。三代目として家長を継ぐのは兄のエサウさんでした。

 しかし、エサウさんの結婚によって、その神様に従う家系に危機が訪れました。

 エサウさんは、「ヘト人ベエリの娘ユディトとヘト人エロンの娘バセマト」(創世記26:34)という女性たちをお嫁さんに迎えました。

 彼女たちの出身は、アブラハムさんの代から大切にしてきた天の神様を礼拝し、その神様に従って生きるというものとは全く異なる育ちの出身でした。

 アブラハムさん、イサクさんの信仰生活とは相いれないものがエサウさんの結婚によってもたらされたのでした。

 アブラハムさんは、そのようなことが起こらないようにと、息子イサクさんの結婚の時には、「息子の嫁をわたしが今住んでいるカナンの娘から取るのではなく、わたしの一族のいる故郷へ行って、娘を息子イサクのために連れて来るように。」(同24:3∼4)という命令をだしていたほどでした。

 さて、残念ながら「彼女たちは、イサクとリベカにとって悩みの種」(同26:35)となってしまいました。恐らく、この家族の誰もがエサウさんが家長になることに不安を覚えたことと思います。

 しかし、神様はこれを見越して、母リベカさんに対してこんな約束をしてくださっていました。


 主は彼女に言われた。「二つの国民があなたの胎内に宿っており、二つの民があなたの腹の内に分かれ争っている。一つの民が他の民より強くなり、兄が弟に仕えるようになる。」

<旧約聖書・創世記25章23節 新共同訳>


 神様はこの兄弟が生まれる前から、全てを母リベカに告げていたのでした。しかし、この約束を巡って、また事件が起こっていくことになります。

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会 牧師:堀 圭佑

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional