Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

わたしが命じる土地に

わたしが命じる土地に


 そのとき、主がイサクに現れて言った。「エジプトへ下って行ってはならない。わたしが命じる土地に滞在しなさい。あなたがこの土地に寄留するならば、わたしはあなたと共にいてあなたを祝福し、これらの土地をすべてあなたとその子孫に与え、あなたの父アブラハムに誓ったわたしの誓いを成就する。わたしはあなたの子孫を天の星のように増やし、これらの土地をすべてあなたの子孫に与える。地上の諸国民はすべて、あなたの子孫によって祝福を得る。アブラハムがわたしの声に聞き従い、わたしの戒めや命令、掟や教えを守ったからである。」

<旧約聖書・創世記26章2∼5節 新共同訳>


 この言葉は、飢饉が襲ってきた際に、イサクさんに対して神様が言った約束の言葉でした。

 エジプトは父アブラハムが飢饉を逃れるために訪れた場所でした。イサクさんも、父と同じようにエジプトに行こうとしていたのかもしれません。

 しかし、神様はそこには行かないようにと言われました。そうではなく、「わたしが命じる土地に滞在しなさい」と言われました。

 神様が命じられた土地には既に先住民がおり、王様も存在していました。イサクさんとしては、そこに寄留させてもらう形になるわけです。

 ある意味では肩身の狭い思いをするかもしれない状況でした。

 しかし、神様はイサクさんに父アブラハムの信仰を示され、息子であるあなたも同じようにわたしの言葉に従いこの祝福を受け継ぎなさいと言われました。

s_ミニニュース6月13日画像

 そして、イサクさんが神様の言葉に従い、その土地に留まり「穀物の種を蒔くと、その年のうちに百倍もの収穫」(創世記26:12)がありました。

 エジプトに行かず、神様の言葉に従った結果、飢饉の中にあって「主の祝福を受けて、豊かになり、ますます富み栄えて、多くの羊や牛の群れ、それに多くの召し使いを持つように」(創世記26:12∼14)なりました。

 神様の言葉を信じて従う時、私たちはその祝福を見ることができるということを学ぶことができます。

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会 牧師:堀 圭佑

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional