Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

してはいけない理由

してはいけない理由

 神様が世界を造られた時、人間が食べるための実をもたらす木を沢山用意されました。そんな中、人間の住む園の真ん中に2本の特別な木を置かれました。


 主なる神は、見るからに好ましく、食べるに良いものをもたらすあらゆる木を地に生えいでさせ、また園の中央には、命の木と善悪の知識の木を生えいでさせられた。

<旧約聖書 創世記2章9節 新共同訳>


 その特別な2本の木の正体は、「命の木」と「善悪の知識の木」という名前が付けられた木でした。何故、特別だったかというと、神様があるルールを設けられたからです。


 主なる神は人に命じて言われた。「園のすべての木から取って食べなさい。ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。」

<旧約聖書 創世記2章16~17節 新共同訳>


s_ミニニュース画像11月23日

「善悪の知識の木」になる実は食べてはいけないというルールでした。

「○○してはいけない」と言われると、なんだか気になります。

「これを食べたら絶対太るよ」と言われ、わかっていても「今日くらいはいいだろう」とついつい食べてしまうことがよくあります。

 しかし、このルールはとても大切なものでした。何故かというと、食べたら太る痩せるの話ではなく、人間の「命」にかかわることだったからです。

 そこには、神様の「死なないでほしい」という強い思いが込められていました。

 さて、この「決して食べてはならない」というルール。人間は守ることができたのでしょうか。そして、皆さんは守ることができるでしょうか?

「してはいけない」に目を向けるのではなく、神様の「愛」に目を向けてみましょう。

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会 牧師:堀 圭佑

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional