Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

Menber

教会員のためのページ

安息日学校聖書研究ガイド引用聖句 pdfファイルはこちらをクリック

 2020年第3期「神のためにたくさんの友人をつくる」

第1課「なぜあかしなのか」(口語訳)

暗唱聖句

 これは、わたしたちの救主である神のみまえに良いことであり、また、みこころにかなうことである。神は、すべての人が救われて、真理を悟るに至ることを望んでおられる。(テモテへの第一の手紙 2:3,4 口語訳)

日曜日「救いの機会を提供する」 

問1.ルカによる福音書 19章 10節 (新約聖書 122頁)

10人の子がきたのは、失われたものを訪ね出して救うためである」。

ヤコブの手紙 5章 19,20節 (新約聖書 365頁)

19わたしの兄弟たちよ。あなたがたのうち、真理の道から踏み迷う者があり、だれかが彼を引きもどすなら、20かように罪人を迷いの道から引きもどす人は、そのたましいを死から救い出し、かつ、多くの罪をおおうものであることを、知るべきである。

月曜日「イエスを喜ばせる」

問2.ルカによる福音書 15章 6,7,9,10節、22~24節、32節 (新約聖書 115~116頁)

6家に帰ってきて友人や隣り人を呼び集め、『わたしと一緒に喜んでください。いなくなった羊を見つけましたから』と言うであろう。7よく聞きなさい。それと同じように、罪人がひとりでも悔い改めるなら、悔改めを必要としない九十九人の正しい人のためにもまさる大きいよろこびが、天にあるであろう。

9そして、見つけたなら、女友だちや近所の女たちを呼び集めて、『わたしと一緒に喜んでください。なくした銀貨が見つかりましたから』と言うであろう。10よく聞きなさい。それと同じように、罪人がひとりでも悔い改めるなら、神の御使たちの前でよろこびがあるであろう」。

22しかし父は僕たちに言いつけた、『さあ、早く、最上の着物を出してきてこの子に着せ、指輪を手にはめ、はきものを足にはかせなさい。23また、肥えた子牛を引いてきてほふりなさい。食べて楽しもうではないか。24このむすこが死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから』。それから祝宴がはじまった。

32しかし、このあなたの弟は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから、喜び祝うのはあたりまえである』」。

問3.ゼパニヤ書 3章 17節 (旧約聖書 1306頁)

17あなたの神、主はあなたのうちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる。彼はあなたのために喜び楽しみ、その愛によってあなたを新にし、祭りの日のようにあなたのために喜び呼ばわれる」。

火曜日「与えることで成長する」

問4.ヨハネによる福音書 7章 37,38節 (新約聖書 149頁)

37祭の終りの大事な日に、イエスは立って、叫んで言われた、「だれでもかわく者は、わたしのところにきて飲むが良い。38わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」。
ルカによる福音書 6章 38節 (新約聖書 94頁)
38与えよ。そうすれば、自分にも与えられるであろう。人々はおし入れ、ゆすり入れ、あふれ出るまでに量をよくして、あなたがたのふところに入れてくれるであろう。あなたがたの量るその量りで、自分にも量りかえされるであろうから」。

水曜日「キリストの命令に従う」

問5.テモテへの第一の手紙 2章 3,4節 (旧約聖書 778頁)

3これは、わたしたちの救主である神のみえに良いことであり、また、みこころにかなうことである。4神は、すべての人が救われて、真理を悟るに至ることを望んでおられる。

ペテロの第二の手紙 3章 9節 (新約聖書 374頁)

9ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。

問6.使徒行伝 13章 47節 (新約聖書 204頁)

47主はわたしたちに、こう命じておられる、『わたしは、あなたを立てて異邦人の光とした。あなたが地の果てまでも救いをもたらすためである』」。

イザヤ書 49章6節 (旧約聖書 1015頁)

6主は言われる、「あなたがわがしもべとなって、ヤコブのもろもろの部族をおこし、イスラエルのうちの残った者を帰らせることは、いとも軽い事である。わたしはあなたを、もろもろの国びとの光となして、わが救いを地の果てにまでいたらせよう」と。

木曜日「愛による動機づけ」

問7.コリント人への第二の手紙 5章 14,15節、18~20節  (新約聖書 283頁)

14なぜなら、キリストの愛がわたしたちに強く迫っているからである。わたしたちはこう考えている。ひとりの人がすべての人のために死んだ以上、すべての人が死んだのである。15そして、彼がすべての人のために死んだのは、生きている者がもはや自分のためにではなく、自分のために死んでよみがえったかたのために、生きるためである。

18しかし、すべてこれらの事は、神から出ている。神はキリストによって、わたしたちをご自分に和解させ、かつ和解の務めをわたしたちに授けて下さった。19すなわち、神はキリストにおいて世をご自分に和解させ、その罪過の責任をこれに負わせることをしないで、わたしたちに和解の福音をゆだねられたのである。20神がわたしたちをとおして勧めをなさるのであるから、わたしたちはキリストの使者なのである。そこで、キリストに代って願う、神の和解を受けなさい。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional