Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

FrontPage

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会へようこそ

牧師:堀 圭佑のショートメッセージ:2020年1月25日号

最初の犠牲

 神様がこの世界を造られた時、死も涙も苦しみもない完璧な世界でした。

 しかし、園の中央に置かれた「それを食べたら死んでしまうから、決して食べてはいけないよ」と言われた木の実を人間が口にしてしまった結果、それまで円満であった神様との関係に深い溝ができてしまいました。

 神様の守りの中にいて、何不自由ない環境であったはずなのに、目の前に現れた蛇の語る「それを食べても死ぬことはないよ。むしろ、食べれば神様のようになれるのだから」という言葉に魅力を感じ、気持ちがそれていってしまいました。

 しかし、その甘い言葉にのせられた結果、待っていたのは厳しい現実でした。

 今まで神様のもとで守られていた生活が一変、神様から離れた結果、苦しみや悲しみ、争いや妬み、そして、死というものを抱えて生きていかなければならなくなってしまいました。それが罪のもたらしたものでした。

 アダムとエバは、この事態を何とかしなければという一心で、自分たちの中にある罪を隠すかのように、いちじくの葉っぱで裸を覆いました。

 しかし、どんなに隠そうとしても、神様の目を欺くことはできません。たとえ、いちじくの葉で覆ったとしても、それはいつか朽ちてしまいます。

 同じように、何とかして自分のしてしまったことを隠そうとしても、いつかは露わになってしまいます。

 そこで、神様は、自分から離れていった人間に驚きのプレゼントをされました。


主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた。

<旧約聖書・創世記3章21節 新共同訳


s_ミニニュース画像1月25日

 神様は、「あなたたちが自分で用意したものでは、問題を覆うことはできない。だから、これを着なさい。」

 そう言って動物の皮で作った衣を着せられました。

 世界が造られて、初めて血が流され、命が失われた瞬間でした。

 この犠牲こそが、私たち一人一人を罪から救うものであると神様は言われます。

 これが、イエス・キリストの十字架の死を指し示すための最初の犠牲でした。


powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional