Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

FrontPage

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会へようこそ

・・・ 休会のお知らせ ・・・

現在コロナウイルスの影響で安息日の集会を休会させて頂いています。

現時点で、コロナウイルスの予防対策、また、皆様の健康を考えました上で、
八王子教会は、しばらくの間安息日の集会を休会とさせて頂く事にいたしました。

集会の再開につきましては状況を考慮しながら判断していきたいと思いますので、ご理解ご協力を宜しくお願い致します。

皆様のご健康が支えられますようにお祈り申し上げます。


牧師:堀 圭佑のショートメッセージ:2020年4月4日号

彼は笑う

 神様の、子どもを与える、という約束に対してアブラハムさんは笑いました。どんな心境で笑ったのかは書かれていません。しかし、アブラハムさんは笑いました。

 そして、その後、妻のサラさんも年老いた自分たち夫婦に子どもが生まれるというお告げを耳にした時、ひそかに笑いました。この笑いは、そんなことがあるはずがないという笑いでした。

 非現実的なこと、そして、何度も言われつつ未だに全く実現していない出来事。この現実を目の前にして、更に重ねて約束をなさる神様の言葉に対し、二人の夫婦は笑いました。

 さて、神様はいよいよ現実味を帯びた言及を始められました。そこでは生まれて来る子の性別と付けるべき名が告げられました。


「あなたの妻サラがあなたとの間に男の子を産む。その子をイサク(彼は笑う)と名付けなさい。わたしは彼と契約を立て、彼の子孫のために永遠の契約とする。」

<旧約聖書・創世記17章19節 新共同訳


s_ミニニュース4月4日画像

 神様の約束に対して、笑ってしまった夫婦。

 この夫婦に対し神様が告げられたのは、あなた方の間に生まれる男の子にイサクという名前をつけなさい、というものでした。

 そして、そのイサクという名前の意味は、彼は笑う、という意味でした。

 約束を笑ってしまった夫婦でしたが、この老夫婦が諦めずに神様の約束を信じ続けた先には、心の底から喜ぶことができる大きな祝福が待っていました。

 このイサクという生まれて来ることになっている男の子は、この夫婦を疑いからの笑いから、心の底からの喜びへと変えてくれる存在でした。

 約束を信じて最後まで忍耐する先に、喜びが待っています。


powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional